異性との交際において、交際が長ければ長いほど起こりうる問題の一つでもある「マンネリ」という状態です。相手という存在が、居て当然のものと錯覚してしまったりすること、相手へのリスペクトを払う気持ちが薄れていくことで互いの気持ちがすれ違う事は往々にして有るものです。最悪、そのまま交際関係が終わってしまう事も考えられます。

しかし、別れることが相手への思いを却って強める事もあります。「付き合っていたあの時、何故相手を思いやる事ができなかったのか」という後悔が残るほどに相手への未練が残る場合、復縁したいという思いをしっかりと伝えることが結果につながります。



DVや浮気などではなく、前述のような感情の問題や気持ちのすれ違いから別れてしまった場合などは、男女共に復縁したいと考える人も少なくないようです。プライドが除魔して言い出せないといった障害もありますが、思いは確実に相手に伝えるべきでしょう。結果的に、離縁前以上に親密な関係を取り戻せる可能性もあります。

復縁したい方へ

復縁は人生の中でも重要な決断です。人は喧嘩して、別れるという行為は、負の感情からの逃避行為になります。完全に相手との関係を終わらせてしまう事で、苦しみや悲しみから開放をされようとします。
しかし、人間は生きていく中で、苦しい時でも、悲しい時でも逃げてはいけない時が来ます。その時に、逃げてしまう癖がついてしまったら、窮地に追い込まれてしまった時の対処法が分からない、窮地に追い込まれた時に打破した経験が無いと、どんどん自信が無くなって、本物の幸せを掴む事の出来ない人生へとなってしまいます。


その様な人生を打破する為に、もう一度逃げていた相手と向き合って、当時の自分を客観的に判断し、見つめ直す事が重要になります。もし、復縁が出来て、相手との関係を修復出来た時には、新たな自分として成長が出来ます。人は、何歳になっても成長出来る生き物です。トラブルや、喧嘩を糧に成長していける人間こそ幸せを掴む人間です。

復縁したい方へ

昨今、復縁の数が劇的に増えているとの見方が多くなってきています。
復縁とは、一度結婚した二人が様々な理由で結婚生活に支障をきたし、離縁した後、さらにその後再びヨリを戻した状態を指します。
なぜ復縁の数が増えているのでしょう。



日本では、結婚年齢の高年齢化が進んでいます。平均収入の減少やそれに伴う将来への不安が影響しているのか、社会全体に晩婚化の傾向が顕著に表れ始めているのです。
晩婚化が進むということは、それだけ結婚に臨む姿勢が慎重になります。相手への希望や結婚前の条件が膨れ上がっていますので、一度結婚を決めた相手というのは、その条件に見合った相手、つまり、厳しいハードルをパスした異性ということです。数々の条件をクリアできる相手というのは稀である傾向が強く、離婚後に再婚相手を探そうとしても、同じような条件をパスする相手はなかなか現れないでしょう。
つまり、条件に満たない新しい再婚相手を選ぶよりも、復縁した方が満足できることもあるのです。




復縁したい方へ

Copyright©2013